MacBook Air 13 A1932の液晶割れ 修理

MacBook Air 13インチA1932の液晶割れでパソコン修理の依頼がありました。

A1932は2018年に発売されたMacBook Airとなりますが、先代モデル(2010年から2017年)と比較すると大幅に変更がありました。
液晶に関してはRetina液晶に切り替わりましたので非常に綺麗に映りますね。

液晶パネルは今でも非常に薄くなっており落下や衝撃による故障が非常に多くなっておりますので十分注意をしてください。
A1932が発売されてから現在は3年が経過しておりますが、既に500台以上の修理実績がありますので修理を検討している場合は以下で参考にしてくださいませ。

 

MacBook Air A1932の修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
液晶モニタ半分表示されない!
急いでいますので、早急にお送りしたいのですが、よろしくお願いいたします。
との事でした。

A1932 液晶割れ

液晶が映らなくなったということで修理の依頼がありましたが、電源を入れると画面の半分程度に黒い帯が入っており表示不良が発生しておりました。
画像では分かりづらいですが、亀裂が入っていることが原因と思われますが、故障内容から判断するとパネル交換で対応できると思います。
データに関しては残っていることが確認できるためにそのままの状態で作業をしたいと思います。

A1932 2018年モデルのパネル交換だけをさせていただきましたが、正常に画面全体が見えるようになりました。
データに関してはもちろんそのままの状態で返却となりますのでお届け後は設定不要ですぐにMacBook Airとして使うことが可能です。

 

MacBook Air 13 A1932の液晶修理にかかった期間、時間は?

今回のMacBook Airの修理は他県からの依頼となりましたので宅配便を使って送って頂いております。
お問い合わせにもありますが、かなりお急ぎということもありましたがお預かりをした時には部品の在庫がありましたのですぐに作業に取りかかることができております。
修理にかかった時間としては2時間程度の短い時間で直すことができており当日返却で対応することができました。
お急ぎの方で当日修理を希望される場合でも、MacBook Airをお預かりをするタイミング、部品のストックにもよりますので、まずは店舗にご相談いただければと思います。

 

 

2021/6/15 修理実績追加

【故障のご相談内容】
MacBook Airを持ち運びしている際に誤って地面に落下させてしまいました。
恐る恐る電源を入れると表示不良が発生しておりましたので、落としてしまったことが原因と思います。

MacBook Airを千葉県にある当店まで持ち込みしてくださいましたが、電源を入れて状態の確認をすると液晶割れにより全体的に表示不良が発生しておりました。
見えている部分でなんとかMac OSが起動していることが確認できておりますのでデータに関しては問題ありません。
故障内容からするととりあえずはパネル交換だけで対応できるのではないかと感じます。

A1932のアセンブリ交換(上半身交換)ではなく、パネル単体だけのm交換で直すことができました。
衝撃が強かったりするとパネル交換だけではなくアセンブリ交換が必要となりますが、今回のケースでは問題ありませんでした。
もちろんデータに関してはそのまま残した状態で修理完了となりましたので、返却後はすぐにMacBook Airとして使うことができるようになっております。
当社でパソコンの液晶修理を行う場合はデータの初期化などは行いませんのでご安心下さいませ。

 

Scroll Up