MacBook Pro A1989 (2018年)の液晶割れ 修理

AppleのノートパソコンMacBook Pro A1989 (2018年)の液晶割れでパソコン修理の依頼がありました。

【故障のお問い合わせ内容】
閉じる際にものを挟んでしまい液晶パネル右下部分を割ってしまいました。
ひび割れと表示の乱れがあります。
との事です。

 

液晶割れはお問合せにもありますが、衝撃が加わることで起きてしまうパソコンを代表する故障の一つですが、Appleで修理を行う場合は非常に高額な修理代金になることが予測されます。
保証が残っていたとしても保証適用外になるケースが大半を占めると思いますので、修理代にお悩みであれば一度当社までご相談いただければと思います。

A1989 液晶割れ

MacBook Pro A1989はA1706に次ぐ2世代目のリンゴマークが光らないMacBook Proになりますが、所有されている方も多いために修理の依頼も非常に多い機種です。
画像のように液晶をおこしまった場合はパネル交換が必要となりますので、修理をしていきたいと思います。

当社でMacBook Pro A1989の液晶交換を行う場合はデータはそのまま残りますのでご安心下さいませ。

MacBook Pro A1989の液晶交換をさせていただきましたが正常に画面全体が表示されるようになりました。
データに関しては残っている状態ですのでそのままの状態で返却をさせていただきます。

 

MacBook Pro A1989の液晶パネル交換にかかった日数は?

今回のMacBook Proの修理は宅配便を利用した修理方法となりましたが、修理が混み合っていたということもあり、お預かりをしてから4日後に完了の連絡ができております。
修理が空いている時に依頼があれば最短当日修理もできる内容となりますのでお急ぎの場合は店舗にご相談下さいませ。

 

2021/6/24 A1989 修理実績追加

【故障のお問い合わせ内容】
液晶割れにより画面が見えない。

A1989 画面が映らない

宅配修理となりましたが、お預かり後に電源を入れても亀裂部分からバックライトの光は見れますが、全く画面が見えない状態でした。
USB-Cポートを使って外部ディスプレイに接続をすると正常表示が確認でき、データが残っていることも分かっております。
現時点ではバックライトが光っている事からパネル交換だけで対応できると感じます。

A1989のアセンブリ交換ではなくパネル単体で交換しておりますが、正常に画面全体が見えるようになりました。
データはそのまま残しておりますので、返却後はすぐにMacBook Proとして使うことができるようになっております。

 

2021/6/15 A1989 修理実績追加

【故障のお問い合わせ内容】
MacBook Proを落としたことで画面を割ってしまいましたが、画面の角も変形してしまっております。

A1989 アセンブリ交換

本体の劣化に伴う液晶割れとなりましたが電源入れると表示不良が発生しておりました。
何とかMacが起動していることが確認できるので液晶側だけの問題です。
パネル交換だけでも対応できるのですが、お客様と相談の上でアセンブリ交換(上半身交換)をさせていただく流れとなりました。

MacBook Pro A1989のアセンブリ交換をさせていただきましたが、正常に画面が見えるようになりました。
本体の変形が気にならなければパネル交換のみで直すことができますが、アセンブリ交換をすれば背面パネルまで(リンゴマーク側)きれいに直すことができます。

Scroll Up